男性の体脂肪率ごとの体型の目安を図解|平均・理想は何%か?

2018年6月19日

ダイエットにおいて肥満度の指標として体重やBMIがよく用いられますが、それよりも信頼度が高い指標が『体脂肪率』です。

体重やBMIよりも体脂肪率の方が体型をより的確に反映します。

見た目が引き締まってスリムになったとしても体重が増えることはありますが、体脂肪率にはきちんと数字として現れるものです。

体脂肪率によって大体の体型は決まるので、今回は男性の体脂肪率ごとの体型の特徴、目安について解説していきます。

テク
テク

男性はこの記事を参考にして体脂肪率の目標を定めよう!

ちなみに女性の体脂肪率の目安はこちら⇒女性の体脂肪率ごとの体型の目安を図解|平均・理想は何%か?

男性の年齢ごとの体脂肪率の目安

一般的に男性の年齢ごとの体脂肪率の目安は以下のように定められています。

ただ実際の平均的な体脂肪率は20%前後です。なので標準(-)は痩せ気味、標準(+)で平均的な体脂肪率と考えてよいでしょう。

では実際に体脂肪率ごとの具体的な体型について説明していきます。

男性の体脂肪率のごとの体型の目安

身長・体重にかかわらず、体脂肪率ごとの体型は大体一様です。(極端に筋肉が多い場合は例外)

男性の体脂肪率ごとの体型の目安は以下のイラストのようになります。

テク
テク

さらに細かく区分けして具体的な特徴を挙げると次のようになるよ。

体脂肪率 特徴
~4% ボディビルダー並み
全身の血管がくっきり浮き出ている。
4~8%前後 アスリート並み
腹筋・腕・足・肩などの血管が浮き出ている。
10%前後 多くの男性が理想とする体型
腹筋は6つに割れている。
15%前後 程よく痩せている体型
腹筋の線は縦にくっきり出ており横にはうっすら出ている。
20%前後 標準的な体型
腹筋の線は脂肪でくれているが体の丸みは少ない。
25%前後 やや肥満気味な体型
脇腹が明確に出っ張っており体に丸みはあるが服の上からは標準的な体型。
30%前後 肥満
胸の脂肪が段を作り、ウエストが脂肪で出っ張っている。
35%前後 明確な肥満
ウエストは100cmを超えてくる。
40%前後 重度の肥満
歩行・階段の昇降が困難になり、ウエストは110cmを超えてくる。


著者プロフィール
テク

テク

元ボクサー/ダイエットアドバイザー
試合の度に2週間で6Kgの減量をしていた元ボクサー。 元来の『食べることは好きだけど面倒な運動は嫌い』という性格がたたり、引退後は10Kg以上増量。 正しいダイエットの知識を身に着けた今では、毎日好きなものを食べて体脂肪率10%台前半を維持。 Twitter(@yasetech)ではダイエットに役立つ情報を配信中。